患者様やご家族など一般の方向け臨床・治癒情報サイト 臨床研究情報ポータルサイト

ENGLISH
国立保健医療科学院
×

情報をクリップできます

治験情報をこちらのホームページで一時的にクリップすることが出来ます。

UMIN試験ID UMIN000032274

最終情報更新日:2018年4月18日

登録日:2018年4月17日

新たに定義された慢性骨盤痛症候群に対する漢方薬(竜胆瀉肝湯)の効果の検証

基本情報

進捗状況 一般募集中
対象疾患慢性骨盤痛症候群
試験開始日(予定日)2018-03-12
目標症例数30
臨床研究実施国日本
研究のタイプ介入

試験の内容

介入1慢性骨盤痛症候群患者に竜胆瀉肝湯を1日3回毎食前、1回2.5g投与する。投与期間は基本的に84日とする。
主要アウトカム評価項目症状スコア(NIH-CPSI, CESI & ICSI/ICPI)を用いて登録時をベースラインとし、12週間後の症状の改善率を評価する
副次アウトカム評価項目症状スコア(NIH-CPSI, CESI & ICSI/ICPI)を用いて登録時をベースラインとし、2週間後の症状の改善率を評価する。 登録時をベースラインとし、12週間後の尿流率および残尿量の改善率を評価する 内服の安全性と継続可能性についても評価する

対象疾患

年齢(下限)20歳以上
年齢(上限)80歳以下
性別男女両方
選択基準・3ヶ月以上骨盤部に疼痛を訴えている ・登録時に細菌尿を認めない ・慢性骨盤痛症候群にたいする治療薬を使用したことが無いもしくは3ヶ月以上使用していない ・質問表や検査を受けることができる
除外基準・急性細菌性前立腺炎と診断されている ・高度の尿閉リスク ・PSA高値もしくは尿細胞診異常所見 ・間質性肺炎 ・中等度以上の肝機能障害 ・アルドステロン症 ・低カリウム血症 ・ミオパチー ・その他医師から不適格とされた患者

関連情報

問い合わせ窓口

住所横浜市金沢区福浦3-9
電話045-787-2679
URL
E-mailkkurouro@yokohama-cu.ac.jp

※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。
詳しくは各お問い合わせ窓口の担当にお伺い下さい。