患者様やご家族など一般の方向け臨床・治癒情報サイト 臨床研究情報ポータルサイト

ENGLISH
国立保健医療科学院
×

情報をクリップできます

治験情報をこちらのホームページで一時的にクリップすることが出来ます。

UMIN試験ID UMIN000002312

最終情報更新日:2016年4月7日

登録日:2009年8月10日

IgG4+MOLPS(IgG4関連多臓器リンパ増殖症候群)、Castleman病 その他の多クローン性高γグロブリン血症の鑑別診断のための多施設共同前方視的臨床研究

基本情報

進捗状況 試験終了
対象疾患IgG4+MOLPSとCastleman病その他の多クローン性高γグロブリン血症、男性シェーグレン症候群,など
試験開始日(予定日)2009-08-01
目標症例数100
臨床研究実施国日本
研究のタイプ観察

試験の内容

主要アウトカム評価項目IgG4+MOLPSの診断基準の確立:診断確定例、疑い例、除外例におけるステロイド治療反応性の検討。
副次アウトカム評価項目症例データ、患者の血清、末梢血リンパ球、組織を収集し、タンパク質および遺伝子等から可能な限りの網羅的解析を行う。

対象疾患

年齢(下限)20歳以上
年齢(上限)
性別男女両方
選択基準1)IgG4関連多臓器リンパ増殖性症候群(IgG4+MOLPS) 2)IgG4+MOLPSと鑑別を要する対症疾患として、各種の多クローン性高γグロブリン血症を呈する疾患 Castleman病(IPL)、Crow-Fukase症候群、その他の原因不明な多クローン性高γグロブリン血症、 男性シェーグレン症候群(抗SS-A抗体/抗SS-B抗体の少なくともいずれかが陽性のもの) 3)20歳以上の初発例を対象とする。 4)書面により本人の同意が得られた症例
除外基準多発性骨髄腫、マクロブロブリン血症等明らかな単クローン性高γグロブリン血症。ただし、多クローン性高γグロブリン血症に伴って微量のM蛋白成分を有する疾患は同時に解析する。

関連情報

問い合わせ窓口

住所石川県河北郡内灘町大学1-1
電話076-286-3511
URLhttp://www.kanazawa-med.ac.jp/~hematol/topics4.html
E-mailyasum@kanazawa-med.ac.jp

※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。
詳しくは各お問い合わせ窓口の担当にお伺い下さい。