患者様やご家族など一般の方向け臨床・治癒情報サイト 臨床研究情報ポータルサイト

ENGLISH
国立保健医療科学院
×

情報をクリップできます

治験情報をこちらのホームページで一時的にクリップすることが出来ます。

JAPIC試験ID JapicCTI-101148

最終情報更新日:2019年10月10日

登録日:2018年12月17日

骨盤内炎症性疾患に対するアジスロマイシン注射剤からアジスロマイシン経口剤への切り替え療法の多施設共同,非盲検,非対照試験

基本情報

関連ID :

対象疾患

試験実施者 ファイザー株式会社
試験の種類 介入試験
試験の概要 アジスロマイシンの有効率および菌消失率の高さ,非定型菌から嫌気性菌までの幅広い抗菌活性によって,その有用性が見直されているアジスロマイシン注射剤の開発により骨盤内炎症性疾患患者にベネフィットをもたらす余地があると判断した。また,学会および医療現場からのアジスロマイシン注射剤の要望を検討した結果,日本における開発を決定し,本治験を計画した。

試験の内容

試験薬剤名 アジスロマイシン注射剤,アジスロマイシン経口剤
疾患名 骨盤内炎症性疾患
薬効群名 主としてグラム陽性菌,マイコプラズマに作用するもの
用法 注射剤500 mg,1日1回,1~2日間点滴静脈内投与した後,錠剤250 mg,1日1回,経口投与し,注射剤と経口剤の合計7日間投与
試験の目的
試験のフェーズ 第Ⅲ相
目標症例数 60
対象基準 以下の診断基準を満たし,PIDと診断されたもの。 (1)以下の臨床症状を伴う。 ・下腹部自発痛もしくは下腹部圧痛 (子宮体部もしくは子宮付属器の圧痛) ・季肋部自発痛もしくは季肋部圧痛
年齢 16歳~80歳
性別
エンドポイント
試験実施施設 5
予定試験期間 2009年05月12日~2010年11月30日
試験の現状 試験中止
試験実施地域 日本

関連情報

問合せ先

会社名
機関名
ファイザー株式会社
担当部署名治験情報窓口
連絡先clinical-trials@pfizer.com

※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。
詳しくは各お問い合わせ窓口の担当にお伺い下さい。