患者様やご家族など一般の方向け臨床・治癒情報サイト 臨床研究情報ポータルサイト

ENGLISH
国立保健医療科学院
×

情報をクリップできます

治験情報をこちらのホームページで一時的にクリップすることが出来ます。

UMIN試験ID UMIN000034721

最終情報更新日:2018年11月1日

登録日:2018年10月31日

脳梗塞亜急性期のリハビリテーションにおける経頭蓋直流電気刺激法の有効性と安全性の検証

基本情報

進捗状況 一般募集中
対象疾患脳梗塞
試験開始日(予定日)2018-09-01
目標症例数40
臨床研究実施国日本
研究のタイプ介入

試験の内容

介入1Real-tDCSを2週間の10セッションを実施する
介入2Sham tDCSを2週間の10セッションを実施する
主要アウトカム評価項目Fugl-Meyer Assessment(FMA)
副次アウトカム評価項目Electroencephalogram

対象疾患

年齢(下限)18歳以上
年齢(上限)80歳未満
性別男女両方
選択基準1)脳卒中初発テント上一側性病変の脳梗塞であること(脳卒中病巣は両側性ではない) 2)陽極刺激部位である病側前頭葉皮質がある程度保たれていること 3)脳卒中発症から治療までの経過時間が亜急性期(1ヶ月以上から3ヶ月未満)である
除外基準1)見当識障害や精神機能障害など認知機能の著しい低下を認める者 2)健康状態を研究実施医師が不適当と判断した場合

関連情報

問い合わせ窓口

住所富山市杉谷 2630
電話0764347348
URL
E-mailsibata@med.u-toyama.ac.jp

※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。
詳しくは各お問い合わせ窓口の担当にお伺い下さい。