患者様やご家族など一般の方向け臨床・治癒情報サイト 臨床研究情報ポータルサイト

ENGLISH
国立保健医療科学院
×

情報をクリップできます

治験情報をこちらのホームページで一時的にクリップすることが出来ます。

UMIN試験ID UMIN000034351

最終情報更新日:2018年10月11日

登録日:2018年10月10日

脳卒中後疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激の効果の検討

基本情報

進捗状況 一般募集中
対象疾患脳卒中後慢性疼痛患者
試験開始日(予定日)2016-08-01
目標症例数20
臨床研究実施国日本
研究のタイプ介入

試験の内容

介入1Magstim Rapidを用いて,患側運動野上肢領域に高頻度刺激,80%運動閾値強度で10Hz/2,000 pulses × 5 days
介入2Magstim Rapidを用いて,患側運動野顔面領域に高頻度刺激,80%運動閾値強度で10Hz/2,000 pulses × 5 days
主要アウトカム評価項目Visual Analogue Scale Short-Form McGill Pain Questionnaire(SF-MPQ-2) Beck Depression Inventory(BDI) 上記をrTMS介入前、終了時、4週間後に評価する
副次アウトカム評価項目MEP SSEP SPECT

対象疾患

年齢(下限)
年齢(上限)
性別男女両方
選択基準脳卒中後慢性疼痛のある患者
除外基準rTMS禁忌の患者

関連情報

問い合わせ窓口

住所横浜市磯子区滝頭1-2-1
電話045-753-2500
URL
E-mailke00-johkura@city.yokohama.jp

※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。
詳しくは各お問い合わせ窓口の担当にお伺い下さい。