患者様やご家族など一般の方向け臨床・治癒情報サイト 臨床研究情報ポータルサイト

ENGLISH
国立保健医療科学院
×

情報をクリップできます

治験情報をこちらのホームページで一時的にクリップすることが出来ます。

UMIN試験ID UMIN000012492

最終情報更新日:2016年12月10日

登録日:2013年12月4日

3テスラMRIによる外眼筋最大断面積、眼窩内脂肪体積の正確な測定法に関する研究

基本情報

進捗状況 試験終了
対象疾患甲状腺眼症 外眼筋萎縮
試験開始日(予定日)2013-11-10
目標症例数50
臨床研究実施国日本
研究のタイプ観察

試験の内容

主要アウトカム評価項目甲状腺眼症の治療前後における外眼筋最大断面積、眼窩内脂肪体積の差
副次アウトカム評価項目(a)甲状腺眼症におけるCAS (clinical activity score) と外眼筋最大断面積、眼窩脂肪組織体積の相関 (b)甲状腺眼症(治療前)、外眼筋障害(萎縮)、健常対照者の外眼筋最大断面積の比較 (c)甲状腺眼症(治療前)と健常対照者の眼窩脂肪組織体積の比較

対象疾患

年齢(下限)20歳以上
年齢(上限)
性別男女両方
選択基準患者 (a) 同意取得時の年齢が20歳以上の者。 (b) 甲状腺眼症診あるいは外眼筋萎縮の患者。 (c) 眼窩内に他の器質的異常を有さない者。 (d) 本試験の参加に関して同意が文書で得られる者。 対照 (a) 同意取得時の年齢が20歳以上の者。 (b) 眼窩疾患を有さない者。 (c) 本試験の参加に関して同意が文書で得られる者。
除外基準(a) MRI検査が禁忌の者(心臓ペースメーカー、移植蝸牛刺激装置、除細動器、神経刺激装置、骨成長刺激装置、注入ポンプ、深部脳刺激装置埋め込み者、 Poppen Blaylockの頸動脈クランプを装着している者、目、脳、内臓、肺縦隔等に強磁性体の破片を有する者、2ヶ月以内に大動脈フィルタ、血管内コイル、血管内ステントを装着した者。閉所恐怖症の者、入れ墨のある者、妊娠中もしくは妊娠の可能性のある者) (b) 研究責任者または担当医師が不適当と判断した者。

関連情報

問い合わせ窓口

住所広島県広島市南区霞1丁目2番3号
電話082-257-5257
URL
E-mailkaichi@hiroshima-u.ac.jp

※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。
詳しくは各お問い合わせ窓口の担当にお伺い下さい。