患者様やご家族など一般の方向け臨床・治癒情報サイト 臨床研究情報ポータルサイト

ENGLISH
国立保健医療科学院
×

情報をクリップできます

治験情報をこちらのホームページで一時的にクリップすることが出来ます。

UMIN試験ID UMIN000011831

最終情報更新日:2019年1月2日

登録日:2013年9月24日

小腸閉塞の診断に対するカプセル内視鏡検査の有用性に関する前向き観察研究

基本情報

進捗状況 試験終了
対象疾患小腸閉塞
試験開始日(予定日)2013-09-24
目標症例数30
臨床研究実施国日本
研究のタイプ観察

試験の内容

主要アウトカム評価項目小腸閉塞再発率
副次アウトカム評価項目パテンシーカプセルによる小腸開存性確認方法の比較、パテンシーカプセル検査の安全性、カプセル内視鏡検査所見

対象疾患

年齢(下限)20歳以上
年齢(上限)
性別男女両方
選択基準以下のすべてを満たす患者 1.小腸閉塞と診断された患者 2.同意取得時において年齢が20歳以上の患者 3.本研究の参加にあたり十分な説明を受けた後、十分な理解の上患者本人の自由意思による文章の同意が得られた患者
除外基準以下のいずれかを認める患者は研究対象から除外する 1.腸管安静・イレウス管による減圧治療で腸閉塞が解除することができない患者 2.腸虚血、穿孔をきたした患者 3.閉塞の解除に手術を行った患者 4.嚥下障害がありパテンシーカプセル、カプセル内視鏡を飲む込むことができない患者 5.ペースメーカー、自動除細動器が体内に留置されている患者 6.妊娠している患者 7.滞留を含む偶発症が発生した場合に、その治療として腹部手術を受けることが不可能な全身状態である患者、或いは手術療法に承諾を得られない患者 8.硫酸バリウムに対しアレルギーの既往がある患者

関連情報

問い合わせ窓口

住所東京都文京区本郷7-3-1
電話03-3815-5411
URL
E-mailyamada-a@umin.ac.jp

※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。
詳しくは各お問い合わせ窓口の担当にお伺い下さい。