患者様やご家族など一般の方向け臨床・治癒情報サイト 臨床研究情報ポータルサイト

ENGLISH
国立保健医療科学院
×

情報をクリップできます

治験情報をこちらのホームページで一時的にクリップすることが出来ます。

UMIN試験ID UMIN000006933

最終情報更新日:2016年4月5日

登録日:2011年12月22日

性同一性障害、Female to Male患者に対するcross sex hormone therapy(ホルモン療法)の下部尿路機能への影響に関する研究

基本情報

進捗状況 一般募集中
対象疾患性同一性障害のFemale to Male
試験開始日(予定日)2011-12-01
目標症例数50
臨床研究実施国日本
研究のタイプ介入

試験の内容

介入1テストステロン製剤の筋肉注射
主要アウトカム評価項目残尿量、排尿回数、IPSS score、IPSS-QOL score、OABSS score
副次アウトカム評価項目月経停止までの期間

対象疾患

年齢(下限)18歳以上
年齢(上限)
性別
選択基準前治療のないFemale to Male患者
除外基準・検査を容認できない患者。 ・妊娠または妊娠している可能性のある患者。 ・すでに別の形でホルモン投与を行っているもしくは行った経歴のある患者。 ・社会不適応ないし経済的な理由を含め、継続して受診のできない患者。 ・性同一性障害でないもの及びホルモン療法を行うことで健康に重篤な悪影響を及ぼす疾患などが否定されない患者。 ・性別適合手術を行った患者ないし、研究中に性別適合手術を行う予定の患者。  ・「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン 第3版」上、ホルモン療法を施行するための条件に合致しない患者。

関連情報

問い合わせ窓口

住所名古屋市昭和区鶴舞町65
電話81-52-744-2985
URL
E-mailmatuo@med.nagoya-u.ac.jp

※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。
詳しくは各お問い合わせ窓口の担当にお伺い下さい。