患者様やご家族など一般の方向け臨床・治癒情報サイト 臨床研究情報ポータルサイト

ENGLISH
国立保健医療科学院
×

情報をクリップできます

治験情報をこちらのホームページで一時的にクリップすることが出来ます。

UMIN試験ID UMIN000003501

最終情報更新日:2016年4月7日

登録日:2010年5月1日

男性続発性性腺機能低下症でのテストステロン補充、投与法が生活の質、代謝等へ与える影響

基本情報

進捗状況 一般募集中
対象疾患男性続発性性腺機能低下症
試験開始日(予定日)2010-05-01
目標症例数30
臨床研究実施国日本
研究のタイプ介入

試験の内容

介入1グローミン軟膏
介入2エナルモンデポー
主要アウトカム評価項目QOL インスリン抵抗性 脂質異常、体重 腹囲、内臓脂肪、酸化ストレスマーカー 動脈硬化関連因子
副次アウトカム評価項目副作用、骨代謝、他の下垂体ホルモンとの相互作用 基礎代謝

対象疾患

年齢(下限)20歳以上
年齢(上限)80歳以下
性別
選択基準採血にて、テストステロン低下および性腺刺激ホルモン絶対的または相対的低下を認める患者。
除外基準心疾患(NYHAⅢ度以上)、肝疾患(AST 100 IU/ml以上またはALT 100 IU/ml以上また、 T-Bil 2.0 mg/dl以上)腎疾患(Cr2.0 mg/dl以上)等の重篤な疾患を合併した患者 前立腺癌の既往がある、またはPSA4ng/dl以上

関連情報

問い合わせ窓口

住所
電話
URL
E-mailtkitamura@endmet.med.osaka-u.ac.jp

※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。
詳しくは各お問い合わせ窓口の担当にお伺い下さい。