患者様やご家族など一般の方向け臨床・治癒情報サイト 臨床研究情報ポータルサイト

ENGLISH
国立保健医療科学院
×

情報をクリップできます

治験情報をこちらのホームページで一時的にクリップすることが出来ます。

UMIN試験ID C000000395

最終情報更新日:2016年4月5日

登録日:2012年10月1日

多剤耐性株出現B型肝疾患におけるビリアード(テノホビル)の単独抗ウイルス療法に関する検討

基本情報

進捗状況 試験中止
対象疾患B型慢性肝炎
試験開始日(予定日)2006-04-01
目標症例数20
臨床研究実施国日本
研究のタイプ介入

試験の内容

介入1テノフォビル 1日1回1錠300mg服用
主要アウトカム評価項目HBV-DNA
副次アウトカム評価項目serum ALT 副作用

対象疾患

年齢(下限)16歳以上
年齢(上限)
性別男女両方
選択基準B型慢性肝炎 ラミブジン、アデフォビルで耐性株が出現 肝機能正常値を逸脱 HBV-DNAが陽性
除外基準ラミブジン、アデフォビルにアレルギーあり C型肝炎合併例 細胞毒性を有する薬剤の投与例 白血球減少例 妊娠中 重篤な肝機能障害

関連情報

問い合わせ窓口

住所371-8511 群馬県前橋市昭和町3-39-15
電話027-220-8127
URL
E-mailsatoken@showa.gunma-u.ac.jp

※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。
詳しくは各お問い合わせ窓口の担当にお伺い下さい。