患者様やご家族など一般の方向け臨床・治癒情報サイト 臨床研究情報ポータルサイト

ENGLISH
国立保健医療科学院
×

情報をクリップできます

治験情報をこちらのホームページで一時的にクリップすることが出来ます。

臨床研究実施計画番号 jRCTs062180102

最終情報更新日:2019年3月26日

登録日:2019年3月26日

超極細ファイバースコープによる膝半月板損傷に対する新たな関節鏡視下検査技術の開発

基本情報

進捗状況 参加者募集中
対象疾患膝関節半月板損傷
試験開始日(予定日)None
目標症例数40
臨床研究実施国日本
研究のタイプ介入研究
介入の内容通常の入院手続き後、手術室にて麻酔を行う(麻酔科医の判断で全身麻酔、硬膜外麻酔、腰椎麻酔の選択が行われる)。従来の関節鏡視下検査の手順と同様、体温計、心電図などの生体モニタリングを行いながら超極細ファイバースコープを用いた関節鏡視下検査を実施する。 まず、麻酔下で従来の関節鏡視下検査で皮切をおく部位から、外套管を関節内に直接刺入し、超極細ファイバースコープを用いた関節鏡視下検査を行う。検査は、膝半月板における硬性関節鏡の手順に従って関節内構造物の損傷を観察し、損傷があると考えられている半月板の写真及び動画の撮影を行いハードディスクに記録する。 次いで、硬性関節鏡視下検査を行う。従来関節鏡で用いる皮切から硬性関節鏡を導入し、同様の手順で写真及び動画の撮影を行いハードディスクに記録する。その後、予定している手術を行う。

試験の内容

主要評価項目超極細ファイバースコープを用いた関節鏡視下検査と従来の関節鏡視下検査における膝半月板損傷の確定診断結果の一致率(予定症例40症例終了後から2ヶ月以内)
副次評価項目

対象疾患

年齢(下限)20歳以上
年齢(上限)
性別男女両方
選択基準①同意取得時の年齢が20歳以上の患者。 ②術前レントゲン、CT、MRI画像により膝半月板損傷の診断がされている患者 ③入院により、手術室にて関節鏡視下検査又は治療を行う予定の患者。 ④本研究の参加に際して同意が文書で得られる患者。
除外基準①超高度肥満(BMI >35)の患者 ②その他、研究担当医師が本研究への参加について不適当と判断した患者

保険外併用療養費

保険外併用療養費の有無なし

関連情報

問い合わせ窓口

担当者石川 正和
所属機関広島大学
所属部署整形外科
郵便番号734-8551
住所広島県広島県広島市南区霞1-2-3
電話082-257-5233
FAX082-257-5234
E-mailmishikawa@hiroshima-u.ac.jp

※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。
詳しくは各お問い合わせ窓口の担当にお伺い下さい。