患者様やご家族など一般の方向け臨床・治癒情報サイト 臨床研究情報ポータルサイト

ENGLISH
国立保健医療科学院
×

情報をクリップできます

治験情報をこちらのホームページで一時的にクリップすることが出来ます。

臨床研究実施計画番号 jRCTs062180099

最終情報更新日:2019年10月24日

登録日:2019年3月25日

歩行補助装置RE-Gaitの使用効果の検討

基本情報

進捗状況 参加者募集中
対象疾患脳血管障害
試験開始日(予定日)2017-08-07
目標症例数60
臨床研究実施国日本, none
研究のタイプ介入研究
介入の内容歩行補助装置RE-Gaitを使用した2~4週間の歩行練習(8~14回,各20分)または 歩行補助装置RE-Gaitを使用しない2~4週間の歩行練習(8~14回,各20分)

試験の内容

主要評価項目1.歩行速度・歩幅 2.歩行時の関節角度(股関節外転角度、膝関節屈曲角度、足関節背屈角度) 3.脊髄相反抑制 4.体性感覚誘発電位 5.脳波―筋電図コヒーレンス
副次評価項目1.有害事象の発現件数、発現率 2.アンケートによる疲労感やRE-Gait使用の感想、安全性評価

対象疾患

年齢(下限)20歳以上
年齢(上限)80歳未満
性別男女両方
選択基準1.脳卒中による後遺症が残存しており、一側上下肢に運動麻痺を有する者 2.脳卒中発症後1か月以上経過しており、脳卒中再発のリスクが比較的少ないと考えられる者 3.呼吸器および循環器疾患を有さない者 4.下肢の麻痺の程度が、Brunnstrom’s recovery stage ステージIII以上の者 5.監視レベルで1km程度の連続した歩行が可能な者(杖や補助具は使用してもよい) 6.足関節の可動域制限を認めない者 7.週3回、1ヶ月間、歩行練習に参加できる者 8.同意時に20歳以上80歳以下の者 9.本研究の参加に関して同意が文書で得られる者
除外基準1.下肢の麻痺の程度が、Brunnstrom’s recovery stage ステージII以下の者 2.当該疾患以外に重篤な疾患、手術の適応となる疾患を有している者 3.主治医(かかりつけ医)より、研究の参加が困難と判断された者 4.授乳中、妊娠中または妊娠の可能性のある女性 5.その他、研究担当者が不適切と判断した者

保険外併用療養費

保険外併用療養費の有無なし

関連情報

問い合わせ窓口

担当者中川 慧
所属機関広島大学
所属部署医歯薬保健学研究科 生体環境適応科学
郵便番号734-8551
住所広島県広島市南区霞1-2-3
電話082-257-5406
FAX
E-mailkeinakag@hiroshima-u.ac.jp

※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。
詳しくは各お問い合わせ窓口の担当にお伺い下さい。