患者様やご家族など一般の方向け臨床・治癒情報サイト 臨床研究情報ポータルサイト

ENGLISH
国立保健医療科学院
×

情報をクリップできます

治験情報をこちらのホームページで一時的にクリップすることが出来ます。

臨床研究実施計画番号 jRCTs051180131

最終情報更新日:2019年3月18日

登録日:2019年3月18日

漢方薬による慢性硬膜下血腫術後再発率低下の前向き臨床研究

基本情報

進捗状況 参加者募集中
対象疾患慢性硬膜下血腫
試験開始日(予定日)None
目標症例数300
臨床研究実施国日本
研究のタイプ介入研究
介入の内容従来治療群:従来の治療を3カ月間行う。 五苓散群:クラシエ五苓散料エキス細粒(6.0g/日)を術後より3カ月服用する。 柴苓湯群:クラシエ柴苓湯エキス細粒(8.1g/日)を術後より3カ月服用する。

試験の内容

主要評価項目術後3か月以内の症候性再発の有無
副次評価項目AST、ALT、γ-GTPの変化

対象疾患

年齢(下限)20歳以上
年齢(上限)
性別男女両方
選択基準1.慢性硬膜下血腫の患者。 2.初発例である患者。 3.20歳以上である患者。
除外基準1.漢方の内服が困難である患者。 2.認知機能の低下が著しく、服薬コンプライアンスの順守が困難と思われる患者(MMSE23点以下のもの等) 3.無症候性および両側性の慢性硬膜下血腫患者 4.重度の腎機能障害がある患者(クレアチニンクリアランス30mL/min未満のもの等) 5.規定の手術が実施できなかった患者 6.漢方薬および生薬製剤のアレルギーを有する患者(低K血症の既往を有するもの等) 7.研究責任医師が研究に組み入れを不適と判断した患者

保険外併用療養費

保険外併用療養費の有無なし

関連情報

問い合わせ窓口

担当者吉田 泰久
所属機関医療法人栄昌会吉田病院附属脳血管研究所
所属部署院長
郵便番号652-0803
住所兵庫県神戸市兵庫区大開通9丁目2-6
電話078-576-2773
FAX078-577-2792
E-mailmedical_office@yoshida-hp.or.jp

※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。
詳しくは各お問い合わせ窓口の担当にお伺い下さい。