患者様やご家族など一般の方向け臨床・治癒情報サイト 臨床研究情報ポータルサイト

ENGLISH
国立保健医療科学院
×

情報をクリップできます

治験情報をこちらのホームページで一時的にクリップすることが出来ます。

臨床研究実施計画番号 jRCTs041180006

最終情報更新日:2019年9月3日

登録日:2018年10月9日

外科手術における蛍光体腔鏡の有用性の検討

基本情報

進捗状況 参加者募集中
対象疾患外科手術症例
試験開始日(予定日)2016-08-01
目標症例数300
臨床研究実施国日本
研究のタイプ介入研究
介入の内容本試験で想定される蛍光ナビゲーション手術術式は、ほぼすべての胸腔鏡・腹腔鏡手術である。手術中にICGを投与し、蛍光体腔鏡で観察することにより、動脈・静脈の同定、胆管・尿管・リンパ管・胸管の同定、臓器の血行評価、センチネルリンパ節の同定、グラフト臓器や再建血管の血流評価、病変位置の特定、胆汁漏・リンパ漏の確認などを行う。手術術式は通常の体腔鏡手術を行う。

試験の内容

主要評価項目標的構造物同定割合 縫合不全・グラフト壊死発生割合
副次評価項目ICG投与によるアレルギー、投与に伴う手術時のインシデント発生、因果関係が疑われる合併症などの、ICG投与に伴う有害事象の調査

対象疾患

年齢(下限)20歳以上
年齢(上限)
性別男女両方
選択基準1) 外科手術が必要な症例 2) 手術時年齢が20歳以上の症例 3) 気管内挿管による全身麻酔と外科手術に耐えうると判断された症例 4) 血管・胆管・尿管・リンパ系の同定、病変の位置確認、血流評価などが有益と考えられた症例
除外基準1) ICGに過敏症の既往のある症例 2) ヨード過敏症もしくは造影剤アレルギーを有する症例 3) 喘息や、重篤な薬剤アレルギーの既往のある症例 4) 精神・神経疾患等の合併により、研究への参加が困難と判断された症例 5) その他、研究責任者・研究担当者が対象として不適切と判断した症例

保険外併用療養費

保険外併用療養費の有無なし

関連情報

問い合わせ窓口

担当者木南 伸一
所属機関金沢医科大学病院
所属部署一般・消化器外科
郵便番号920-0293
住所石川県河北郡内灘町大学1-1
電話076-286-3511
FAX076-286-4626
E-mailkinami@kanazawa-med.ac.jp

※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。
詳しくは各お問い合わせ窓口の担当にお伺い下さい。