患者様やご家族など一般の方向け臨床・治癒情報サイト 臨床研究情報ポータルサイト

ENGLISH
国立保健医療科学院
×

情報をクリップできます

治験情報をこちらのホームページで一時的にクリップすることが出来ます。

臨床研究実施計画番号 jRCTs022200014

最終情報更新日:

登録日:

AR技術を併用した卓上型リハビリテーションロボットによる上肢不全麻痺治療効果の検討

基本情報

進捗状況 参加者募集中
対象疾患脳卒中上肢不全麻痺
試験開始日(予定日)2020-08-04
目標症例数60
臨床研究実施国日本
研究のタイプ介入研究
介入の内容モニター操作またはAR用HMDを装着し卓上型リハビリテーションロボットによる上肢機能訓練を行う. 1日40分, 週5日の予定とし4週間予定.

試験の内容

主要評価項目・MAS(Modified Ashworth Scale) ・STEF(Simple Test for Evaluating hand Function)
副次評価項目・FMA(Fugl-Meyer Assessment) ・FAI(Frenchay Activities Index), FIM(Functional Independence Measure) ・Brunnstorm stage, SIAS(Stroke Impairment Assesment Set) ・MAL(Motor Activity Log), ARAT(Action Research Arm Test)

対象疾患

年齢(下限)18歳より上
年齢(上限)
性別男女両方
選択基準1)同意能力を有する亜急性期から慢性期の脳卒中上肢不全麻痺患者 2)同意説明文書をもって説明を行ったうえ,書面をもって同意の得られた者
除外基準1)前腕から手の皮膚障害を有する例. 2)てんかんの既往がある例. 3) 疾患のコントロールが不安定な例. 4) 治療への理解, 動機付けができない例. 5) 妊娠例. 6)重度の関節拘縮や変形がある例.

保険外併用療養費

保険外併用療養費の有無なし

関連情報

問い合わせ窓口

担当者若林 玲奈
所属機関秋田大学医学部附属病院
所属部署整形外科
郵便番号010-8543
住所秋田県秋田県秋田市広面蓮沼44-2
電話018-884-6372
FAX018-836-2617
E-mail renaf@med.akita-u.ac.jp

※実施責任組織と研究実施場所が異なる場合があります。
詳しくは各お問い合わせ窓口の担当にお伺い下さい。